メンズ

パリンと割れる可能性アリ|iPhoneのガラス修理は修理業者へ

バッテリーの交換を考える

携帯電話

iPhoneが充電できない主な原因は2つあります。一つは、バッテリーアダプターの故障です。長年使い続けると、アダプターの充電コードが内部でちぎれてしまい、故障してしまうケースがあります。そのため、充電ができない状態になってしまうのです。解決策は新品に交換すればいいだけです。パソコンから音楽データなどを取り込むのであれば純正品を使わなければなりませんが、充電するだけなら他のコードでも代用は可能です。
もう一つのケースは、iPhone本体のバッテリーが寿命を迎えている時です。バッテリーは何年も使い続けていくと経年劣化を起こし、放電量が増えたり充電できない状態になってしまいます。そのため、1時間以上充電しても20分もしないうちに充電が切れてしまうこともありえます。解決策としてはバッテリーの交換を行うことだけなのですが、iPhoneの取扱店に持って行きバッテリー交換を依頼すると、iPhoneそのものを新品に交換するため実質iPhoneを新しく買うのと大して変わりないお値段になってしまいます。そのため、安価でバッテリー交換を行いたいのであれば、修理業者に持って行きましょう。
修理業者に依頼をすれば、バッテリー交換のみを行ってくれます。そのため、支払う料金はバッテリーのお値段とバッテリー交換費用だけであり、価格を比較すると半額以下になる可能性が高いです。よって、充電できない状態で、少しでも安く済ませたい場合、あるいは今使っているものに強い愛着があるのならば、修理業者に持って行って交換を依頼しましょう。